会員登録はこちら↓
会員登録

予約はこちらから↓

お問い合わせ

078-915-1223

insta

タンパク質の摂取タイミングについて1

  • HOME
  • Blog
  • タンパク質の摂取タイミングについて1
一般的に筋トレ後の1〜2時間は筋タンパク質の合成作用が最も高まる『ゴールデンタイム』と言われています。 様々な記事やブログでも筋トレとタンパク質摂取はセットで行えと説明され、実際に意識している人も多いと思います。 その根拠となったのが、アメリカ・テキサス大学医学部のラスムッセンらによる研究報告です。 その内容がトレーニング未経験者を集め、トレーニング直後のタンパク質摂取による筋タンパク質の合成反応を調べました。 被験者は1時間トレーニングを行ったあと、必須アミノ酸を15g摂取し、その後1時間置おきに筋タンパク質の合成量を計測しました。 その結果筋タンパク質の合成量はトレーニング後1〜2時間が最も高くなり、その後は1時間ごとに減っていました。 この結果からラスムッセンらはトレーニング直後にタンパク質を摂る事が、最も筋タンパク質の合成を高める摂取方法だと結論づけました。 これがのちに『ゴールデンタイム』の名のもと、筋トレの常識として広まりました。 しかし現代のスポーツ科学やスポーツ栄養学ではゴールデンタイムよりも重要なことがあると指摘されています。 それは『筋トレ後の筋タンパク質摂取は24時間意識しろ』というものです。 この続きは次回に!