会員登録はこちら↓
会員登録

予約はこちらから↓

お問い合わせ

078-915-1223

insta

タンパク質の摂取タイミングについて2

  • HOME
  • Blog
  • タンパク質の摂取タイミングについて2
前回、現代のスポーツ科学やスポーツ栄養学ではゴールデンタイムよりも重要なことがあると指摘されており、 『筋トレ後の筋タンパク質摂取は24時間意識しろ』とお伝えしました。 今回はそれについて書いていきます。 マクマスター大学のバードらによる研究報告でトレーニング経験のある20代男性を被験者として集め、①高強度で疲労困憊まで行うグループ、②低強度で疲労困憊まで行うグループ、③低強度で疲労困憊まで行わないグループの3つに分けて筋タンパク質の合成率を検証したています。その結果①と②のグループは、24時間後の筋タンパク質の合成率が増加していました。一方、疲労困憊まで行わなかった③のグループは、筋タンパク質の合成率はそれほど増加していませんでした。 この結果からトレーニングは強度に関係なく疲労困憊になるまでトレーニングを行えば、合成感度の上昇は24時間後まで継続すること分かります。 また、バードらは同様の検証を複数回行い、いずれもトレーニング後1〜3時間程で筋タンパク質の合成感度は最も高まり、以後は増大率は減少するものの、少なくとも24時間まで継続することが確認されています。 このことから、タンパク質の摂取はトレーニング直後のみではなくトレーニング後の24時間を意識することで筋肥大を効率的に行う事ができます!!